BLOG
ブログ

お店で試していただきたいソファの座り方




みなさまこんにちは!

ついこの間、新しい1年が始まったと思ったら、もう1月が終わってしまいますね。
時の流れの速さに本当に驚かされます。


1月7日から始まったクリアランスセールも残りわずかとなりました。
今回も多くのお客様にご来店いただきまして誠にありがとうございます。


そして、日々接客をしていて常々思うことなのですが、
ご来店されるお客様がとても展示しているソファを大事に扱って下さるな、と。
忙しいときにこそ実感するんですよね。

それは本当に有難いことですし、嬉しいことではあるのですが、、、

みなさまお家ではもっと寛いで座るでしょう!
お店でも家に近い感じで座ってみてください!
遠慮せずに!

という気持ちが今回のブログのテーマです。


『せっかくお店に来て下さってくれるからこそ、試していただきたいソファの座り方。』


こちらについて4つご紹介してみます。

①とにかく寛いで。

みなさま遠慮がちに姿勢良く座ってくださいますが、家ではもっともたれかかったり、足を組んだりして座るかと思います。
実際とは違う座り方で試すのはもったいないです。
是非、家のソファに座るように座ってみてくださいませ。


②長時間でもどうぞ。

7割くらいのお客様が、一度座っても10秒くらいで立ち上がるように思います。
第一印象も大事ですが、自分の落ち着くポジションを探してみて下さい。
ソファはやはり長い時間を過ごす場所になりますので、長く座っていて違和感がないかが大事です。


③恥ずかしがらずに靴を脱いで。

なかなかソファを試すときに、いきなり靴を脱いで座ろうと思わないかもしれませんが、家では靴を履いていない方がほとんどではないでしょうか。
でも実は靴の有無で感じ方は大きく変わります。
特にヒールを履いている方。お店では「このくらいの高さで丁度いい」と思っていたのに、実際に家では使ってみると印象が違うこともあります。
後から違ったと思うより、お店でちょっとだけ恥ずかしい思いをされた方が結果的には良いのではないでしょうか。
違和感があるかもしれませんが、スタッフは気にしませんので是非。


④寝っ転がるのもOKです。

特に2人掛け・3人掛けソファを検討されている方が気にされるのが、「横になった時に違和感はないのか」ということだと思います。
フラットな座面のソファだとあまり疑問に思うことはないかもしれませんが、ROSETTogoのように座面が波打ったようなデザインのソファも多いです。
想像や言葉で伝えるよりも、試すのが一番。そんな時は是非、寝っ転がってみて下さい。


以上となりますがいかがでしょうか。

興味を持って来てくださる方ほど展示の商品に気を遣ってくださりますが
そんなお客様にこそ実感して知っていただければ嬉しいです。


リーン・ロゼはご用意しているソファのモデルがたくさんあるので、残念ながら直営店でも全てのソファを試していただくことは不可能です。
展示できているのはごく一部だけです。

それでももし目的の商品がご覧いただけるのであれば、じっくり見てたくさん体験して下さいませ!
ご来店をお待ちしております!!