よくある質問

リーン・ロゼ製品について
リーン・ロゼはどこのブランドですか?

フランスのブランドで、世界中に約900店舗のブランドショップがあります。
日本には東京・甲府・大阪の3店舗があります。(2014年4月現在)

日本では、約30年前からドリームベッド株式会社がロゼ社とライセンス契約を結び、広島の工場で生産を行っています。日本で作れないものは、フランスから輸入しています。

家具店とショップのリーン・ロゼ製品は何が違いますか?

製品に違いはありませんが、リーン・ロゼショップではショップにしかない限定商品や、限定生地も取り扱っております。

ショップ限定商品以外には、どのような商品がありますか?

リーン・ロゼブランドサイトの<製品ガイド>をご覧ください。

ソファのサイズが大きすぎるのでは?

一般的な日本のソファに比べ、奥行きは10cm位深くなっています。
ゆっくり寛ぐには1m位の奥行きがあると自由に体が動かせて楽です。

サイズは、様々なアイテムがありますので、部屋の広さに合わせて自由に組み合わせができます。
また、店頭にてレイアウトの相談も承っておりますので、ご相談ください。

ソファは何年使えますか?

使い方にもよりますが、座面の部分の生地は10年~15年で傷んできます。

リーン・ロゼでは、生地の張り替えやクリーニングサービスを行っておりますので、すでに日本で発売して30年以上経つトーゴなど、古いソファをお持ちの方はご相談ください。

汚れが心配です。

ほとんどの生地が撥水加工されていますので、汚れにくくなっています。何かこぼされてもそのまま吸い込むことはありません。

また、リーン・ロゼはダスキンのクリーニングサービスとの提携や、パールトーン加工、生地の張り替えサービスを行っています。クリーニングサービスはお客様が直接依頼されるよりも10%程お得にクリーニングができます。

どうしても心配な場合は、ソフトレザーをお勧めいたします。

皮と布はどちらが良いですか?

一概にどちらとも言えません。耐久性の高い布は沢山あり、皮も布も手入れ次第で良い状態で長く使用することができます。

皮も、汚れの手入れや保護クリームで手入れをしないと、傷みが早くなることがあります。

固い座面と柔かい座面の椅子は、どちらが疲れませんか?

仕事をしたり運転をしたり同じ姿勢で長時間過ごす場合は、完全にホールドされた固い椅子が疲れませんが、家で過ごす場合は、自由に体が動かせて自由なポジションがとれる柔かい椅子の方がくつろげます。

ダークブラウンの床にはどんな色のソファが良いでしょうか?

あまり床の色は気にしなくても大丈夫です。壁が白かベージュであれば、カーテンとの色合わせを注意すれば問題ないので、お好きな色を選べば大丈夫です。
後は、ラグを上手く使いましょう。

皆様のインテリアとライフスタイルにマッチした商品をぜひお選びください。

会員登録

会員登録をいただいたお客様には、
各種特典・サービスをご用意しております。