始まりの4月♪

2017/04/08

始まりの4月♪

ブログをご覧頂いている皆さま、いつもありがとうございます!

桜も満開となり、お花見を楽しまれている方も多いのでしょうか?

~始まりの4月~とタイトル通り、今年度のスタート共に、新しいアイテムなど続々入荷し始めました♪

本日は、その第一弾!おそらく初めてお目にかかる方も多いであろう、2点のアイテムをご紹介いたします。

一つ目は、こちらのデスク、REWRITE(リライト)です!

デンマークを拠点に、ご活躍されている、GAMFRATESI(ガムフラテージ)の作品です。デンマーク人のスティーネ・ガムさんと、イタリア人のエンリコ・フラテージさん、リーンロゼから、ご案内しているお2人の作品は、どれもふんわり優しい感じが第一印象ですが、異素材を組み合わせていることで、甘すぎないデザインが特徴です。

このデスクについては、デスク部分はウォールナット(突板)を使用し、ドーム部分はベースの上に、ファブリック(ウール100%)を貼っていて、きれいな曲線が、「繭玉」をイメージさせるようです。(かまくら、という方もいらっしゃいます!)

デスク天板の下には、白いスチールのボックスがあり、PCケーブルや、照明のコードなどを収めておけるので、あまりだらしなく見えない工夫がなされています。

お仕事、お勉強など、集中したい時、視線などふんわり遮ってくれます。

また、ドーム部分はピンを差すことが出来ますので、お写真やポストカード、メモやチケットなど、大事なもの、見えるところにあってほしいものを、貼っておくこともできます。

 

★REWRITE by GAMFRATESI ※フランス直輸入モデル

サイズ:W1010*D750*H1480(mm) 

二つ目は、久しぶりにリーンロゼのベッド、UZUME(ウズメ)が入荷いたしました!

「UZUME」の名前の由来は、喜びや楽しさを与えてくれる、日本神話「アマノウズメ」という女神からきているようです。柔らかいカーブからできたデザインや快適なクッション性が、心地よい眠りへと導いてくれます。

ファブリックでフレーム全体がすっぽり包まれ、生地の継ぎ目が目立たないので、流れるようなデザインと、脚の取り付け位置が、外側から見えにくくなっているため、ベッドが宙に浮かんでいるような、軽やかな印象のデザインです。

フレーム部分のファブリックは、数種類の中からお選び頂け、底面は、スラットボーゲン仕様と、座板仕様のどちらかお選び頂けます。(※価格差はございます)

 

★UZUME by Eric Jourdan ※日本ライセンスモデル

サイズ:W1985*D2395*H735*BH250(MH445)mm

商品のお問合せ等ございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

六本木にお花見ついでに、是非、お立ち寄り頂ければと思います♪