自由と開放感のソファ

2016/09/10

自由と開放感のソファ

PRADOの名前の由来はスペイン語で草原を意味し、開放感のある空間で自由なスタイルの寛ぎができるようにとデザインをされています。

デザイナーのクリスチャン・ウェルネールは、人の生き方に注目し、ソファを使用する人とその空間についても研究を重ね、この新しいアクセントである背クッションを開発しました。

背クッションの底面には滑り止めがついており、床の上でも使用することができます。また、内側にはフェザーが敷き詰められており、寄り掛かるだけで上質な寛ぎを提供してくれます。


3人掛けは2人掛けよりも幅が40㎝、奥行が20㎝深くなっており、リラックスポジションをより沢山得れるサイズとなっております。

■PRADO 1P … W100 D100 H40.5(㎝)
■PRADO 2P … W200 D100 H40.5(㎝)
■PRADO 3P … W240 D120 H40.5(㎝)


フェアー期間中は、全サイズを展示しておりますので、ご検討中の方はぜひリーン・ロゼ東京まで足を運んでみてください!