たおやかに垂れる花姿

2016/05/19

たおやかに垂れる花姿

日中は暑さも感じられるような、ぽかぽか陽気の日も多くなりましたね。

写真は、お家の近くの公園にある“藤(フジ)”の花でできた“藤棚(フジダナ)”です。

澄み切った青い空に、木々の緑と藤の紫が映えて、とっても綺麗です。

 

外国の方々にも和の風情を強く感じさせるという藤の花。

たおやかに垂れる花姿は、振袖姿のあでやかな女性を思わせます。

藤の花といえば、古くから日本の歴史とは深く関わった花で、

古典や絵画にも、多く描かれています。

藤の花の慎ましやかな美しさと控えめな色合いが素敵ですよね。

連なる花を垂れる藤の花が、着物姿の女性を連想させるようです。

 

藤は、樹齢がとても長く、日本各地に何百年の樹齢の藤があるそうです。

中でも埼玉県春日部市の藤花園にある「牛島の藤」は、樹齢はなんと1200年あまりだそうです。

特別天然記念物に指定されているようで、日本では最古の藤になり、たくさんの花房が壮大な紫のカーテンとなるそうです。

 

とっても、見てみたいですね♪

 

“藤”の花言葉はこちら

「優しさ」「歓迎」「佳客」…

佳客(かかく)という言葉は、「よいお客様」という意味になります。

藤の花が垂れて咲いている様子は、まるでお客様を歓迎しているように見えますね。

 

本日のブログは、新緑の季節ならではの“藤の花”をお届けしました。

来週は、藤の花ことば「歓迎」とかけまして、

ショップで開催させて頂いております『体感キャンペーン』についておはなしさせて頂こうと思います♪

今週末も皆さまのご来店を心よりお待ちしております。
http://www.ligneroset.jp/shop/ligne-roset-osaka/

リーン・ロゼ大阪ショップへお車でお越しの方はこちらの近隣駐車場をご利用下さいませ。