ショップスタッフブログ

2017.12.26

ヒヤシンスの香りに包まれて’18

冬になるとお願いさせて頂いている、ご近所のお花屋“PaPapierre(パパピエール)”さんのヒヤシンス。

 

「今年はボルドーやパープル系のヒヤシンスの球根でお願いできますか?」

と店長さんへお願いさせて頂き、今年もとても綺麗なヒヤシンスを届けて頂きました♪

 

リーン・ロゼのフラワーベースLONG POT(ロングポット)は真っ白なので、花の発色がそのまま綺麗に浮き上がります。

 

 

 

 

 

■紫のヒヤシンス(Purple Hyacinth)

「悲しみ」「悲哀」「初恋のひたむきさ」

 

■ピンクのヒヤシンス(Pink Hyacinth)

「スポーツ」「ゲーム」「しとやかなかわいらしさ」

 

 

 

 

以前のブログでヒヤシンスの学名「Hyacinthus(ヒヤシンサス)」はギリシャ神話に出てくる
ヒュアキントスという美少年の名前から由来しているとお伝えしましたが、

この神話の中でヒュアキントスは太陽の神アポロンからとても愛されていました。

また、円盤投げをとても楽しんで興じていたそう。この初恋や円盤投げを楽しむ様子から、初恋のひたむきさ、スポーツやゲームなどの花言葉が生まれたようです。

 

白のヒヤシンスも綺麗ですが、花びらをよく見るとうすいパープルから濃い色身へとグラデーションになっていてパープルのヒヤシンスもとっても素敵です。

球根に近い部分の芽のグリーンとのコントラストが、いっそう華やかに見えますね。

 

 

■LONG POT(ロングポット)

Designed by Inga Sempe

W790*D140*H180

 

 

例年どおり、一列に並ぶヒヤシンスがとても愛らしいですね。

またこちらも例年どおり、それぞれの球根と陽の当たり方に個体差があり、成長の早さもそれぞれですね。

早いものは綺麗なパープルの花びらを纏って、誇らしげに咲いていますが、その隣でまだ蕾の状態のものもあります。

 

 

 

まだ蕾の様子。

球根って見てるとなんだかとても落ち着きます。

 

 

 

 

 

全ての蕾が開く頃、店内はヒヤシンスの香りでいっぱいになります。

年が明けた頃には、全て咲き誇っているでしょう。

新春のクリアランスセールも始まりますので、ぜひ皆さまのご来店をお待ちいたしております。

 

 

本年も1年間、ご愛顧を賜りまして誠にありがとうございました。

沢山のお客様にお越し頂き、心より感謝しております。

皆様にとって、幸多き2018年になりますようスタッフ一同お祈りいたしております。

 

***年末年始の休業のお知らせ***

2017年12月27日(水)~2018年1月3日(水)迄 お休み

2018年1月4日(木)より通常営業

 

 

 

ブログ一覧

皆様のインテリアとライフスタイルにマッチした商品をぜひお選びください。

会員登録

会員登録をいただいたお客様には、
各種特典・サービスをご用意しております。